フォントと精神衛生

私のフォント事情に激震が走った。「BIZ UDゴシック」「Fira Code」の発見である。

ことディスプレイにおいて、フォントほど印象を左右するものがあるだろうか? 美しいフォントを使えばそれだけでハイになるし、ダサいフォントを使えばそれだけでストレスになる。

とくにWindowsはフォントに悩まされることが多い。

MS ゴシックという遺物

フォントに興味がない人でも、この悪名は耳にしたことがあるだろう。こいつはことあるごとにWindowsで登場するフォントなのだが、ダサく、読みづらい。もちろん「MS 明朝」やそれぞれのプロポーショナル版も同様である。

もうなんかとにかく気に食わない、なんでMSのとこ全角なの? おっと逃がさないぞ「MS UI Gothic」お前もだ、なんでお前は半角なんだ?

一応フォローもするが、MS ゴシックらはダメフォントというわけではない。これらは昔の画質の粗いディスプレイでも「読める」ように作られたフォントであり、設計思想からして美しさが度外視されているのだ。

とはいえ時代は令和、FHDクラスのディスプレイでは美しさ重視のフォントでも文字がつぶれたりしない。なのでMS ゴシックの役目はもう終わっており、過去のフォントとしてきっぱりと決別したいのである。

まぁここ数年のWindowsはメイリオや游ゴシックが標準搭載され、日本語環境もずいぶん美しくなっているが。

――しかし私は激怒した。これらは等幅フォントが用意されていないので、使えない場面が多々あるのだ。なのでWindows10になってなお、一部のソフトは「MS ゴシック」に頼らざるを得ないのが実情だ。

私が最も不満を持っていたのはテキストエディタである。例えばサクラエディタは等幅フォントしか設定できないので、メイリオや游ゴシックが使えない。有志が等幅版のメイリオなんかも配布してくれているが、職場ではフォントを好き勝手インストールできない。標準搭載のフォントで、どうにかならんものか。

BIZ UDゴシック

「BIZ UDゴシック」の登場で事態は激変した。

BIZ UDゴシックはフォント業界の大御所モリサワが手掛けており、なんと最新のWindows10では標準搭載されている(たぶんOctober 2018 Updateから)。

このフォントが素晴らしい。UDというのはユニバーサルデザインのことで、誰にでも読みやすくなるように設計されているのだとか。たしかに読みやすい。しかも等幅とプロポーショナル両方がある。

  • BIZ UDゴシック
  • BIZ UDPゴシック
  • BIZ UD明朝
  • BIZ UDP明朝

日本語等幅フォントの革命だ。どれほど印象が変わるか、比較してみよう。

MS ゴシック:

MS ゴシック

BIZ UDゴシック:

BIZ UDゴシック

素晴らしい、もうなんか書きたくてしょうがない。なんでもいいから書かせてくれ。なにか、なにか書くものを私にください!

写経

なにも思いつかなかったので写経して心を落ちつけてみた。まったく読めないが美しさは堪能した。果たしてデジタルでも徳は積まれるのだろうか。

さて、ついでにサクラエディタ以外のフォントも気になってきた。最近はVisual Studio CodeとAndroid Studioをよく使っているので見直してみる。

BIZ UDゴシックでも悪くないが、これらはコーディングに特化したフォントの方がいい。用途がコーディングの場合メインは英数字であり、通常の日本語文章とは違った要望がある。

コーディング用フォントに求める主な要望:

  1. 等幅フォント。
  2. o(オー)と0(ゼロ)が区別しやすい。
  3. l(エル)と|(パイプ)と1(イチ)が区別しやすい。

Visual Studio CodeはもともとConsolasになっており、とくに不満もない。標準搭載のフォントを漁ってはみたが、変更なしとした。

さてAndroid Studioである。こちらは色がきれいなので気になっていなかったが、よく見たらMS ゴシックだった。ふむ、色でけっこう紛れるのか。

だが気づいたからにはConsolasなどに変えようかなと思ったところ、Android Studioにはコーディング用のフォントがいくつも同梱されていた。なので無難にSource Code Proを選ぼうかなと思いきや、すごいものを見つけてしまった。

Fira Code

最近プログラマー界隈で流行っているらしく、これがすごい。単純に文字が美しいだけでなく、コーディングに特化した合字をもっているのだ。

==とか!=とかをいい感じに表示してくれる。

Fira Code

これはテンションが上がる。

思わず飲み屋で小一時間ばかしフォントを語ってしまったところ同僚のプログラマー達から奇異の目で見られた。どうやらプログラマーといえど、フォント一つでハイになる変態は少数派のようだ。serif is 何? チャンジャよりおいしいの? といった具合。無念。

ともあれこのような記事に辿り着く変態には、ぜひ以下の二つを試していただきたい。

  • BIZ UDゴシック:日本語用。とくに等幅しばりでMS ゴシックに甘んじていたソフトに試してほしい。
  • Fira Code:コーディング用。Android Studio(というかIntelliJ?)なら標準搭載されていた。オープンソースなので自力でインストールすれば他の環境でも使える。
矢野ヒロタ / プログラマー
1988年生まれの会社員。ブラウザで使えるツールを作ったり文章を書いたりしています。役立つプログラミング記事を発信すると見せかけてもっぱら妄想です。よしなに。