命名規則変換 -スネーク、キャメル等 / ツール

キャメルケース、パスカルケース、スネークケース、チェインケースを相互変換するツールです。

  • キャメル、パスカル、スネーク、チェインのいずれかを入力すると自動で変換結果を出力します。
  • 命名規則は改行区切りで複数入力・一括変換できます。

任意の命名規則で入力

camelCase

PascalCase

SNAKE_CASE

snake_case

chain-case

変換方法

変換したい文字列をテキストエリアに半角英数字で入力してください。キャメルケース、パスカルケース、スネークケース、チェインケースのどの記法で入力しても自動で全ての変換結果を出力します。改行区切りで複数入力、一括変換もできます。

命名規則とは

プログラミングにおける命名規則は主に単語の区切りを表現する目的で作られています。一般的なプログラミング言語では変数名や関数名に半角スペースを使えないため、あの手この手で区切りを表現する必要があります。

以下に代表的な命名規則を偏見にもとづいて紹介します。

キャメルケース

別名ローワーキャメルケース。先頭は小文字で単語の区切りを大文字にする。小文字で始めるところに謙虚さが伺え好感を持てるが、それゆえの自己主張の弱さかローカル変数や関数名にばかり使われがち。
例)camelCase

パスカルケース

別名アッパーキャメルケース。先頭と単語の区切りを大文字にする。存在感があってクラス名を任されがち。やたらMicrosoft(というか.NET)に気に入られている。
例)PascalCase

スネークケース

別名なし。単語をアンダースコアで区切る。小文字なら全て小文字、大文字なら全て大文字と意志の硬さが伺え、それゆえの信頼か定数を任せられがち。キャメルケースと人気を二分しており、ファン同士の衝突が絶えない。
例)snake_case、SNAKE_CASE

チェインケース

別名ケバブケース。単語をハイフンで区切る異端児。ダブルクリックでは選択させてくれないツンデレ。多くのプログラミング言語ではハイフンを使えずCSS専属と言っても過言ではないが、CSSもチェインケースである必要はない。
例)chain-case

矢野ヒロタ / 1987年生まれ。プログラマー。
趣味で作ったWebツールを公開しています。無料ですのでご自由にお使いください。ブログは技術ネタと見せかけてもっぱら妄想です。よしなに。
© HIROTA YANO