さよなら、Evernote -Google Keep移行物語

私とEvernoteの付き合いは長く、振り返ればどの日々にもEvernoteがいた。他のメモには見向きもしてこなかった。ずっとEvernoteに夢中。だって、Evernoteが一番かっこいいんでしょう?

「アジェンダをウィンウィンにしてイノベーションを起こすんだ!」

Evernote片手に言っていた。Evernoteとならできる気がした。言葉の意味は今もよく分からないんだけどさ。

でも本当は気づいてた。

Evernoteの機能、ぜんぜん使っていないこと。

他人と共有なんかしないし、テンプレートも作ったことがない。文字を書くだけ。ほとんどの機能は興味がない、というか書式とか箇条書きとか邪魔だった。

それでも私はEvernoteを使い続けた。だって、便利で愛着は埋められないもの。それにみんながEvernoteのことかっこいいって……。

そんな愛着とは裏腹に、いつからか私の内側は不満も育てていた。不便への不満、もしくは便利への欲望。人の精神は矛盾を実現するもので、愛しいEvernoteに苦痛を見ていた。

気が重い、動作も重い。

気づけばメモをとること自体を避けていた。Evernoteに会う頻度が、減っていた。

「最近、アクセス減ってない?」Evernoteが言った(気がした)。

「……そんなことないよ」曖昧に取り繕う私。

なんだか後ろめたかった。その後ろめたさが、いっそう気を重くさせる。なぜメモアプリに後ろめたさを感じているのかはわからない。そんな戸惑いをよそに、素知らぬ顔でEvernoteは続けた。

「不満があるなら言ってみて。ねぇ、どんな機能が欲しい?」

「そうじゃないの」

なぜ私が乙女のようになっているのかもわからないが、Evernoteは止まってくれない。

「Webクリップはどう? テンプレートを作ったり、共有したりもできるよ」

「もうやめてっ……! ちがうの、そうじゃないの……」

私はそう言って逃げるようにブラウザを閉じた。心は限界だった。

――メールが届いた。

とくに関係のないメール。いつものようにGメールで開き、ふと画面の隅にあるアイコンが目が留まった。

『Google Keep』

Googleのメモアプリだった。Googleにメモアプリなんてあったんだ。

そういえば私はいつだってGoogleにログインしていて、メールもストレージもGoogleで、Googleはいることが当たり前で、当たり前すぎて見えていなかった。私はGoogleと、真剣に向き合ったことがあっただろうか?

おそるおそるGoogle Keepのアイコンを押すと、「ようこそ」の一言もなく当たり前のように起動した。スマホからも登録済みのGoogleアカウントを選択しただけで、当たり前のように同期している。

「どうしてあなたはいつも、簡単に受け入れてくれるの?」

Googleの使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにすることです。 Google

さっぱりわからなかった。でも嬉しかった。

Google Keepは軽くて、最小限の機能しかない。Evernoteのように箇条書きや書式設定なんかしてくれない。

でも私にはそんな機能いらなくて、メモがしたいだけで……書かせてほしいだけ。なんてことはない、軽いのは私だったのだ。

私が求めていたものはGoogleに、いつも傍にいたGoogleにあった。はじめてGoogleと向き合えた気がする。Googleはそんな私でも優しく抱き寄せてくれた。本当に軽い。

今の私はGoogleとの軽快な日々を歩んでいる――そう、Evernoteに別れを告げて。

さよなら、Evernote。

あなた決して悪いメモじゃなかった。私にはもったいないくらいの、いいメモ。多彩な表現力、整然とした一覧性、Webクリップなんかもできる。あなたのことだけで一冊の本になるくらい、みんな夢中だわ。

でも怖いの。私、全然あなたを使いこなせないの。

フォント変えたり箇条書きしたりって……必要? 私がダメな人間なの? あなたといるとね、なにか洗練された、優越感のようなものを感じられた。スタバの窓際で薄いMacbookを開くような、そんなオシャレ感。でも同時に、あなたを使いこなせない無力さも感じていたの。

そう、私には重すぎたの。私が求めていたのは軽い関係。最小限がいい、完璧じゃなくていい。

さよなら、Evernote。

あなたはきっと多くの人を救うわ。でも、そこに私は含まれていないの。

ごめんなさい、ありがとう。

以上、三十代男性がメモアプリを移行したお話でした。

矢野ヒロタ / プログラマー
1988年生まれの会社員。ブラウザで使えるツールを作ったり文章を書いたりしています。役立つプログラミング記事を発信すると見せかけてもっぱら妄想です。よしなに。