ダミーテキストのLorem ipsumを日本語にしてみた

webサイトなんかを作っていると、よくダミーテキストが必要になる。日本語のダミーテキストで定番は下のどちらかだと思う。

  • 「あああああ~」や「サンプルサンプル~」で埋める。
  • 「吾輩は猫である~」など著作権の切れた小説を使う。
    (Macでは「あのイーハトーヴォのすきとおった風~(宮沢賢治/ポラーノの広場)」が定番だろうか)

前者は同じ文字が並んでしまうのがしっくりこないので、私は後者をよく使う。

しかしダミーテキストはデザインを評価するために使うので、文章が意味を持つのは好ましくない。無意識にでも文章の意味を理解してしまうと、デザインへの評価に影響してしまう。

例えば「吾輩は猫である~」で埋めればどうしても猫を想起してしまい、思考は可愛くも憎らしいツンデレ生物に囚われる。「文字のジャンプ率がうんぬんかんぬん」などと言いいながらも頭は肉球でいっぱい、デザイン自体の印象など消しとぶ。そんなことより早く肉球を触らせろ、である。

アルファベットを使う国々には Lorem ipsum という伝統的なダミーテキストがある。古いラテン語の文章を元に、意味消失したそれっぽい文章に仕上げられている。

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.

これをどうにか日本語にしたい。

英語として変換してみる

Google翻訳を使って英語 → 日本語で変換してみる。

Lorem ipsum dolorはamet、conittetur adipiscing elit、sedおよびeidmid tempor incididuntのいずれかを使用します。 最小限の努力で、運動障害を起こさないようにしましょう。 自信を持ってvelit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariaturでの代理店でのDuis自動アイレア色。 excepteur sint occaecat cupidatat non-proident、カルパ・クィ・オフィシアでの融資を受けていません。

あまり変換できていない。それなりに頑張って変換してくれた感はあるが、やはり単語になっていないので無理があるのだろう。そもそも英語じゃないし。ならばラテン語ではどうか。

ラテン語として変換してみる

同じくGoogle翻訳を使ってラテン語 → 日本語で変換してみる。

Loremのイプサムの嘆き、AMET consecteturのadipiscingのELIT、sedのtemporと活力、そのような労働と悲しみ、eiusmod行うにはいくつかの重要な事柄に座ります。長年にわたり、私は学区と長寿であればそのような刺激の取り組み、彼女のうち、運動の利点をaliquipをnostrudする人、来ます。cupidatatのcillumの痛みになりたいDuisに批判されてきたらdoloreマグナ逃亡しても結果の喜びを生成しません。Excepteur cupidatatブラックはexcepteurていない、つまり、彼らはあなたの悩みに責任がある人の一般的な義務を捨て、魂を癒しています。

英語よりは変換できている。意味消失してもラテン語のニュアンスが残っているのだろうか。これに少し手直しをいれる。変換しきれなかった単語は個別に再変換を試み、句読点や「てにをは」に私のセンスを一摘まみかけると、なかなかそれっぽくなった。

ロレム・イプサムの嘆き、トマト大好き学部のエリット、しかし時と活力、そのような労働と悲しみ、ブラインド行うにはいくつかの重要な事柄に座ります。長年にわたり、私は学区と長寿であれば、そのような刺激の取り組み、彼女のうち、運動の利点を分注を邪魔されたする人が来ます。クピダタットのつるの痛みになりたい宿題に、批判されてきたら痛み、マグナ逃亡しても結果の喜びを生成しません。先例クピダタットブラックは先例していない、つまり、彼らはあなたの悩みに責任がある人の、一般的な義務を捨て、魂を癒しています。

いい感じに意味不明な文章である。しかし、トマト大好き学部が気になりすぎる。エリット君はそこでいったい何を学んでいるのか。トマトに悲しみ、トマトに嘆くエリット。卒業論文は「トマトによる魂の癒し」といったところか。

気になりすぎてデザインどころではない。


矢野ヒロタ /1988年生まれ。プログラマー、会社員。仕事で培ったWebやスマホアプリの技術を発信すると見せかけてもっぱら妄想を綴っています。よしなに。